--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

 行ってきましたよ!
 第一回Text-Revolutions!
 凄く素敵なイベントだったのと、無事第二回の開催が決定したということで、次回の盛り上がりの一助になれればと思いイベントレポートです。素敵だった、良かった、アツかった、の連続になってしまうと思いますが、それぐらい本当に素晴らしいイベントだったんですよ!

 そんなわけで3月8日、日曜日。朝10時半、川崎駅に到着する僕こと神楽坂さん。
 ちなみにサークル入場開始は10時です。どう見ても遅刻です。そして遅刻した癖にダッシュする気力もなく、雨が降りしきる中傘を差すだけの活力もないヘッポコ中年、川崎に爆誕。夜勤明けです、夜勤明けのオッサンなんです。もう歳には勝てないんです。誰かに言い訳するような心地で俯き加減に線路沿いを歩く。跳ねる雨。楽しそうなカップル。けぶる街並み。もうこの時点で神楽坂さんの心は8割7分折れてたんですが、残り1割3分に活を入れつつ会場へ……行こうとしながらも、食べていなかった朝ごはん補給のためにドトールへ。

「ジャーマンドッグ……美味しい……ですね……」
「コーヒー……美味しい……でつね……(ニゴリ)」

 ……。
 ……はっ!?

 気が付いたらそこは熱気溢れる会場でした(マジで記憶があやふや)。
 カートを引きながら、既に大半のサークルさんが設営完了している中を一人行きます。「すみません、すみません、通してください、すみません」と虚空に向かってチョップを繰り返しながら自席に辿り着く神楽坂さん。背中に壁。隣のサークルさんと「憧れの壁サーですよ! 壁だけに!!」という謎のテンションで盛り上がりつつ、慌てて設営開始。
 今回は初の試みとしてポスターの代わりにA3サイズの切り絵を用意していったのですが、これは自分的には半分大成功、半分大失敗といった感じでした。目に留めてくれる人は多いし「凄いですね!」って言ってくださる方もいらしたのですが、まず僕の売りたいのは小説本であって切り絵ではないということと、後は単純にあれ作るのすげえめんどくせえということですね。普通にポスター作った方がなんぼかラクです。効率で言ったら最悪でしょう。でも多分次回もやります。宣伝はとにかく派手に、個性的にやらんことには、うちのような弱小サークルは他に埋没してしまうのです。目立つって意味では凄く目立ってたと思うんですよ……ええ……とにもかくにも労力がね……半端ないというね……。

 無事に設営も完了し、本も並べ終えたとほぼ同時にテキレボ開場のアナウンスが。
 スタート時点では割とまったりとした感じでしたが、少しずつ少しずつお客さんが来てくださって嬉しい限り。多分手にとってくださった方はほぼ確実にお買い上げいただけたのではないでしょうか……? いやまあTwitterやら何やらでお知り合いの方が大半だったろうと言われればそれまでなんですけれども、事前に感想投稿や宣伝を熱心にやった効果だとも言えるわけです。今まではあんまり告知とかしなかったんですけど、改めて「知らせる」ことの重要さに気づけましたね。まずは手にとってもらわないとお話にもならないわけで……。

 小泉さんやTwitterで何度か絡ませていただいた方、カタログを見てくださった方……沢山いらっしゃいましたが、何よりも嬉しかったのは「前のティアで『現代夜話』を読んで面白かったから」と言ってくださった方がいらしたことです。
 本当に、ちょっと泣きそうになりました。ああ、無駄じゃなかったんだなあって。
 報われるというのは、こういう瞬間のことを言うのかもしれません。

 全体的な雰囲気としてはかなり熱気がありながら、どこか和気藹々とした、お祭り感の強いイベントだったなあ、と。誰かが文化祭のようだと形容していましたが、この雰囲気はまさに文化祭ですね。部活の仲間で作りあげる大きなイベント。できなかったこと、至らなかったこともあるけれど、でも心の底から笑って楽しめた、そんなイベントだったと思います。
 開場直前、隣のサークルさんの方が「普通こんなイベントやっても人集まらないよ。小太郎さんの人柄だよね。あの人だからみんな集まったんだよね」とお話をしてらして、まさにその通りだなあと。小太郎さん、小泉さんのお二人がどれだけの熱意でこれまで活動して、イベント実現のために時間と労力と何もかもを振り絞って開催してくださったのか、参加している人はみんな感じているんだなあって、何だか嬉しくなりました。もう片方のお隣さんとは「いや、実際凄いですよ。川崎で、都心ってわけでもなくてでしょ。しかも雨で、文芸なんてマイナーなジャンルでさ、これだけの人集まるんですよ。奇跡ですよ」というようなお話をして、これもまたそうだよなあ……! と。
 正直、今まで参加した文芸系イベントの中で、一番「参加して楽しかった」イベントでした。文フリもいいんだけど、あそこは何か殺気立ってるというか、お祭り感があんまりないというか……。マーケットなんですよね、文フリは。あくまで、市場という感じ。テキレボさんはマーケットというよりは、まさにイベントでした。良い意味でのライブ感が強かったです。
 サークルさん同士でお買い物をして、久し振りですー! とか、初めまして! とか楽しそうな交流があって、それだけでもう、このイベントが開催された価値はあったなと思いました。これだけ楽しそうにみんなが作品を頒布するイベントって、きっと他にない気がするんだ。お買い物チケットとか、新しい試みも何もかも、本当に楽しかった。楽しすぎてお買い物に行く時間がなかなかとれなかったぐらい……(悔し涙)!

 一般客来場者数について。
 公になった数字を見たところ、「そんな少なかったのか……!?」という驚きが。何だか閉場ぎりぎりまで結構な数のお客さんがいらして、「すげえ、一般参加者こんなにいるのか」って驚いていたぐらいなんですが……。主催者側としてはきちんとペイできる、維持していけるということを考えてくださっていると思うので、そういう意味では厳しい数字だったのかもしれません。
 ですが、それは次回の反省点と、目標だとも思います!
 恐らく一般来場者を増やそうと思ったら、さらなる宣伝、そして参加したサークルさん同士による感想投稿などの交流、テキレボ楽しかったよ! というイベレポ、そしてこんな素敵なイベントを開催してくださった主催者さん並びにスタッフの皆様への感謝の気持ちがまず大事だと思うのです。本当に、本当に素晴らしいイベントでした。一般来場者が増えれば増えたでまた問題が起きると思うのですが(たとえば通路の問題など。今回の通路幅だと、恐らく100人規模の来場者は捌くのが困難になると思われます)、そういったことも主催者さん、スタッフさんだけではなくて、参加するサークルの皆さん全てが考えていけば良いのかなぁと……そんなことを思いました。

 BGMについて……は、まあ、うん、これはまさに次回の課題なのかな……と(笑)。
 参加サークルさんに希望の楽曲聞いたりしてましたが、これはもう少し大々的に募集かけてもいいのかな? って思いました。BGM途切れたか? っていう瞬間もあったので。

 次回は10月。
 第二回テキレボ。
 次は、スタッフさんとして、お手伝いできれば……とか、企画投げよう……とか色々計画しつつ。
 まずは、第一回開催してくださったことへ、無限の感謝を。
 そしてあの日あの場所にいた皆さんにも、無限の感謝を!

 本当に、本当に、素敵なイベントでした!

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie宣伝・広報

h001.jpg

此方は前回出品したハンドパーツですが、これと同じようにオビツフレーム用のカスタムハンドを出品する予定です。

またレジンアクセサリーを数点委託販売させていただきますので、どうぞお気軽に足をお運びくださいませ。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie宣伝・広報

ちゅうくら市に参加します。
今回はUSEDアウトフィットを中心に持って行こうと思っております。
当方の作品等々はございませんが、お気軽に覗きに来ていただけると幸いです。


http://www.dlmeme.com/wp/archives/7553

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie宣伝・広報

終局世界物語』更新しました。
長かったリライト作業も、これで終わりです。
最終回を無事迎えることができました。以前読んでくださっていた方、新たに読み始めてくださった方、双方がいらして、とても嬉しく思います。
少しだけ変わって、けれどちっとも変わらなかった。そんな作品だったような気がします……僕にとっての終局世界はやっぱり完成した作品で、だからこそそこに手を入れて良くしていく作業というのは罪悪感というか、背徳感というか、なんだかそんな複雑な感情に悩まされたものでした。
何とかかんとか、こうして無事に終えることができました。
読んでやってくださると、嬉しいです。
そして何よりの、供養になると思います。

夏の日、どこよりも遠い場所へ漫画を描きに行ってしまった君へ。

僕はまだ、こんなことをしているよ。
胸を張っては、まだまだ言えませんが。
いつか彼のために、彼と再び会えたときに自慢できる作品を一つでも世の中に生み出せれば、と思います。

読んでくださった皆様、本当にありがとうございました。
この作品はこの横書きのまま製本し、第十八回文学フリマにて無料配布本として出す予定です。
一冊の本としてまとまった終局を、もう一度そこで振り返っていただければ、書いた人間としてこれほど幸せなことはありません。

文フリでまたお会いしましょう!
……一応あれですよ、ちゃんと200円で頒布予定の『誰も見ないものを見に行こう』も書いてますし、出品予定ですよ(ガクガクブルブル)

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie宣伝・広報
Genre小説・文学 Themeオリジナル小説

終局世界物語』更新しました。
一気に30日分投稿して、投稿作業だけで心が折れそうになりました。
ホゲー。脳が、脳が壊れていくよ!

さて、そんなわけでついにクライマックスに向かう本編ですが。
次回予告です!

最強の敵【次元侵略宇宙人グライラ星人】を何とか倒したことで、一時的に侵略者達の魔の手を退けることに成功した由久達。
しかしその代償は大きく、要は大怪我を負って二度と怪獣とは戦えない体となってしまう。
身を挺して自分を守ってくれた彼を見舞いに行く由久。ニアとコロ、そして新たに認証した《6th》コーラルと《11th》マルマラとを連れて病院に向か一行の前に、《2nd》デッドが現れる。満身創痍の彼女に駆け寄る由久達。機能停止寸前のダメージを受けた彼女が伝えたのは、俄には信じがたい事件だった。
──赤羽メカニカの《ノクターナルライツ》主任研究員、王城敬史郎が、《1st》ソロモンと共に行方を眩まし、地球に対し攻撃を仕掛けてきた──。
そもそも何故赤羽メカニカは侵略者達の存在を知ることができたのか?
《ノクターナルライツ》シリーズの根源的な技術は、一体どこからもたらされたものなのか?
そして由久達の行方ばかり狙うように、日本に集中して侵略者の魔の手が伸びたのは何故なのか──?
答えを問う間もなく、一時的な機能停止に陥ってしまうデッド。機体修復機能に特化したマルマラのおかげで何とか大破は免れたものの、情報を聞き出せるほど回復するにはまだ数日かかるのだという。疑問と不安、恐怖と焦燥に駆られる由久。もし本当の敵が赤羽メカニカだとしたら──残る《ノクターナルライツ》シリーズ、そして新たな侵略者達と戦わなければならないのか? ようやく手に入れたと思った平和は、砂上の楼閣でしかなかったのだろうか。
何とか表面上は平静を保とうとする由久だが、どうしてもニア達には不安を見抜かれてしまう。
せめてもの息抜きにと訪れた繁華街で、しかし由久達は衝撃的なニュースに遭遇した。
『今、再び怪獣が街を襲っています! 四体の怪獣が、凄まじい勢いで街を──!!』
現れたのは、怪獣よりも強力な【大怪獣バグスター】【超獣ベルジマ】【円盤怪獣ダイアブルーム】──そしてその三体を率いる【破壊具現体グランタナゾーア】だった。
地を割って現れ、草木と大地を砂漠化していくバグスター。
空から降臨し、風に乗せて猛毒を撒き散らすベルジマ。
海から押し寄せ、腐敗した津波で街を押し流すダイアブルーム。
そして遙か宇宙から降臨し、上空から猛然と火炎を吹いて全てを焼き尽くさんとするグランタナゾーア。
ついに現れた四体の最終怪獣。そしてグランタナゾーアの背には、《1st》ソロモンと王城敬史郎の姿もあった。
圧倒的な戦力差を前に怯む由久に、ニアはどこまでも優しく問いかける。
『由久。私達は今、戦うために生まれてきたのです。王城敬史郎にどんな企みがあろうと、《1st》の子機量産能力がどれだけ驚異的だろうと──あの四体の怪獣達がどれほど強力であったとしても。今ここで逃げるわけにはいきません──今ここで負けるわけにはいきません。あなたには、私達の全てをお伝えしてきました。今度は逆に私から問います……由久、あなたは──』
──私達と一緒に、戦ってくれますか?
ニアが。
コロが。
コーラルが。
マルマラが。
由久を見詰め、その答えを待つ。
どんな答えだったとしても受け入れる、そんな表情で、沈黙を守って。
「……ずるいよ、みんな──そんな顔をされたら、そんなふうに言われたらさ。僕だって……こう言うしか、ないじゃないか」
由久は腕を振り上げ、破滅の限りを尽くす怪獣達を指差し、
「行こう、みんな! これが最後の戦いだ──今ここから先は永遠に、戦いのない世界を、君達が普通に暮らせる世界を作る!! だから行こう──みんなで、王城敬史郎の企みを食い止めて、僕達の大好きなこの街を守るんだ!」
ついに決断を下した由久と、笑顔で応じる四機の《ノクターナルライツ》。
今、未曾有の破滅との、最終決戦の火蓋が切って落とされようとしていた──。

次回、『最大最悪の侵略』!
《隠された閃光(ノクターナルライツ)》が、闇を切り裂く!

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie宣伝・広報
Genre小説・文学 Themeオリジナル小説

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。