--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

本日二度目の更新になります。
終局世界物語』です。うわあ凄い、このペースなら最悪夏ぐらいのイベントには無料配布本としてまとめることができそうな勢いじゃないですか。できれば5/5に間に合えば一番いいんですが、流石にそこまでペースアップしてしまうと色々他のことが疎かになってしまいますので……具体的に言うと、ええと、社会生活とかが。はは、笑えないね。

笑えないと言えば前回までのあらすじですよね。
あわや銃弾の雨霰を浴びるかと思えたまさにそのとき、竜之介はついに最後の切り札である蒸気魔具、【戦術鉄人イ之壱号】を発動させたのです! 鉛の弾丸跳ね返し、サアチライトの照射にもクワッとまなこを見開くことのできる、イ号決戦兵器連番の一つ──それこそが名探偵竜之介の最終兵器だったのです!
イ之壱号の力を借りて、竜之介は奥義・大震電を放ちます!! 相手の肉体ではなく邪悪な心だけを打ち砕く、まさに正義と平和を愛する名探偵ならではの大技に、朋友仁太郎警部も再び正義の心を取り戻しました。竜之介、瑞華嬢、仁太郎警部と警官隊に囲まれ、奮戦しながらもついには敗北する《血涙婦人》。
捕らえた彼女の口から聞き出した真実は、まさに恐るべきものでした。
裏帝都怪盗組合の創設者であり支配者であるその男は、帝都が誇る名探偵・一聖九君の一人にも数えられる《仙涯卿》──今やその行方は何処とも知れぬ今となって尚、帝都臣民は彼こそ怪人怪盗を片っ端からやっつける大英雄だと信じる彼こそ、《蒸気未来予測器》で帝都を暗黒のドン底に叩き落とそうとする恐怖の《天蓋都市仮面》だったというのです。
ついに明らかになる真実!
銀座松嶋屋を一撃のもとに破壊し尽くし出現した巨大飛行船には、確かに《天蓋都市仮面》の姿があるではありませんか!

果たして我らが名探偵竜之介は、帝都最高の探偵とも呼ばれる彼に勝つことはできるのでしょうか!?
いやさ、竜之介が子供の頃師事した師匠でもあるその男と、戦うことはできるのでしょうか!

次回、『帝都が静止する日』!
今まさに、帝都は最大の危機に陥らんとしているのであります!

そしていい加減この嘘予告のネタも尽きようとしているのであります!

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie宣伝・広報
Genre小説・文学 Themeオリジナル小説

次々更新されていく『終局世界物語』ですが、まあ昔の作品をリライトしているだけなのでそんなに偉いわけでもないというか、むしろいっぺんにアップしろよという心の声にはそっと意識を閉じつつ、ぺたりぺたりと記事を貼っていきたいと思います。

前回までのあらすじ。
鉄仮面の奥から現れたのは、何とかの帝都を震撼せしめた大悪党《血涙婦人》のそれと瓜二つであった!
語られる忌まわしき過去。何とかかの麗華嬢と瑞華嬢はかつてシヤム双生児として生まれ、狂気の天才医学博士である長嶋博士の手によって二人の娘として分かたれたのであった。
だが己の美貌と同じ、否や時を経ればそれ以上に美しく成長するであろう瑞華嬢への嫉妬に狂った麗華嬢は「この娘は気が狂っているのです、到底貴族の子女として相応しくありませぬ」と強硬に主張し、哀れ瑞華嬢は土蔵の奥深く、地下牢へと閉じ込められ、その美しき顔貌も鉄仮面に封じられてしまったのでした。
何とか瑞華嬢と二人で土蔵を出た我らが名探偵竜之介。しかし彼らの目の前に現れたのは、拳銃を構えた無数の警官隊だったのであります。《血涙婦人》の操る蒸気魔具の一つ、【心気傾城図】によって心をいいように操られてしまった警官隊の中には、竜之介の朋友である大黒仁太郎警部の姿もあり……。

はたして、竜之介と薄幸の麗人、瑞華嬢は、この危機を乗り越えることができるのでしょうか?
朋友仁太郎警部の心は再び正義に燃え上がることはあるのか?
人心を惑わす《血涙婦人》の真の目的とは……!?

次回、『天蓋都市仮面の復活』の巻!
お楽しみにね!

あと、嘘予告はだんだん楽しくなってきたので、飽きるまで続けることにしました。
飽きたら急にぷっつり途切れると思います。何一つアナウンスなく。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie宣伝・広報
Genre小説・文学 Themeオリジナル小説

ゲゲーッ!
まさか、まさか本日二度目の『終局世界物語』更新だってーッ!
これはもうみんな、刮目して続きを読みふけるしかないんだぜ!

ちなみに前回までのあらすじ、阿鼻叫館の戦いで怪奇博士こと斜堂骨朗を倒した、我らが名探偵竜之介!
しかし怪奇博士はいまわの際に、「蒸気未来予測器を盗んだのは我輩ではない、あの娘が、麗華こそが裏帝都怪盗組合の幹部の一人なのじゃ……」と言い残す。裏帝都怪盗組合と言えば、みんなもご存知の通り、竜之介が長年戦い続けてきた永遠の好敵手だ! 幹部の内二人、《万象仮面》と《百編紳士》を捕らえはしたものの、三傑衆最後の一人《血涙婦人》は未だ姿を現さぬまま……。麗華嬢もどこかに行方をくらましたまま、帝都は雨に煙る夜更けを迎えようとしていた。
まさか、本当に麗華嬢は帝都の悪を一手に担う怪盗組織の幹部、《血涙婦人》なのか?
怪奇博士が最後に残した鍵は、地下牢の娘が被る鉄仮面を外すためのものだというが……果たして、鉄仮面の奥にはいかような相貌が隠されているのか?

次回の『終局世界物語』もお楽しみにね!

この嘘予告もいつまで続くもんだか、そっちはそっちでお楽しみにね!

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie宣伝・広報
Genre小説・文学 Themeオリジナル小説

終局世界物語』更新しました。
前回は謎の怪奇博士の登場により、哀れ麗しの令嬢北王子麗華嬢は連れ去られてしまいましたが、そこは我らが名探偵大天寺竜之介のこと、実は麗華嬢が博士の手に落ちるまさにその刹那、彼女のドレスに発信器をつけていたことがわかりましたね。
さて今回の更新では、物語はどう動くのでしょうか? 博士の根城を突き止めることはできるのか? 麗華嬢は無事救い出せるのか? 土蔵の地下牢に閉じ込められていた鉄仮面の少女・瑞華の「怪奇博士を倒すだけでは事件は解決しない」という予言の意味とは? はたして我らが名探偵竜之介は、怪奇博士をやっつけることができるのでしょうか。

えーと、まあ、嘘予告みたいな感じでやってみたんですが、これはこれで面白そうなのでいつか書いてみたいものではあります。嘘です。それすら嘘です。
というか更新情報のたびに一回一回こんな文章考えるのはとても面倒で億劫なので、できれば今回で止めにしたいです。
ウーンム。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie宣伝・広報
Genre小説・文学 Themeオリジナル小説

2014’03.08・Sat

■雑記【√A】

すみません。今回はレビューはお休みで……

文章担当の方が頑張って更新しているので『終局世界物語』の宣伝を。


暫く余裕があるらしいので、毎日更新を目指すとのことです。
色々な思惑が入り交ざっている物語ですが、一話がさっくりと読める長さですので、是非とも電車の待ち時間なんかにいかがでしょうか?

簡単ですが……。今回はこの辺で……。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie日常雑記

終局世界物語』更新しました。相変わらずの引きこもりやけっぱちテンションにより日々更新できていますが、いざ復職したときの反動が恐ろしいです。また月に二回とかになりそう。いや、なってはいけない。僕達人類は、もう二度とあの悲劇を繰り返してはいけないんだ……そうですよね、博士! 博士──!!

博士誰か知りませんけど。
ところで、FC2ブログをお使いの方ならご存知かと思いますが、記事を投稿する際、専用の記事投稿画面にトラックバックテーマというのがランダムで表示されます。まあ毎回色んなテーマでトラバしませんかっていうことだと思うのですが、今日のテーマは『第1815回 「価格交渉したことありますか?」』でした。

僕は一見して堂々と、「性交渉したことありますか?」と読み間違えました。

そのテーマにトラックバックできる器量がないことを嘆き悲しみ世を呪い天を憎み火を騙り風を穢し地を屠り水を腐し、そんな感じで記事を閉じたいと思います。当時あの隠しトラックの意味を解読できた人達は本当に変態だと思いました。わかんねーよあんなの。あとサンホラ知らない人もわかんねーよこの記事。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie宣伝・広報
Genre小説・文学 Themeオリジナル小説

終局世界物語』更新しました。最近は家に閉じこもりがちなせいで毎日更新していますが、なるべくこのペースが途切れないように頑張りたいと思います。仕事に復帰したら普通に途切れると思いますが……!

それにしても。
この終局世界物語は以前書いていた作品をリライトしてアップしているのですが、この十月ぐらいの作品はとにかくひどい。使い物にならない。以前は本気で毎日更新だったので、その義務感だけでやっつけ感満載の回が非常に多く、今回も丸ごと内容を差し替えざるを得ませんでした。あと数回、そんなお話があって、今から「だったら最初から書き直した方が良かったんじゃ」感がハンパないです。
パないの。

いやだってリライトする前の今回の記事なんて、本当ひどいもんですよ。
地の文、五行ぐらいしかなかったですよ。
昔の僕はよくあのクオリティで発表していたもんです。
会話文だけで成立させる手法も当然アリだけど、その会話文すら大半が手抜きというヒドさ。
ヒドい。これはヒドいよチミィ。思わず心のカイゼルひげをビヨンビヨンと揺らすレベルでしたよ。

そして、広報の√Aさんが携帯(及びスマホ)版の文字色を調整し、読みやすいようにしてくれました。
携帯から読んでくださっていた方、今まで配慮が足りず申し訳御座いませんでした(陳謝)。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie宣伝・広報
Genre小説・文学 Themeオリジナル小説

終局世界物語』更新しました。どうした俺。何をそんなに頑張っているんだ。靱帯か。靱帯切れてるから暇なのか。そうだよ! 家から出られねえから暇なんだよ! 悪いかよ! チキショー!

ここ数日というもの、この僕様ちゃんはさながら人間火力発電所が如くうぉォォンと更新していますが、これよく考えたら年末年始とサボった分でした。
むしろ、ツケが回っているだけでした。
本当ならもっと早くこの辺りの話を掲載していられるはずだったのに……。

……ちょっとずつですが、えーと、頑張って、取り返していきまっしょい……。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie宣伝・広報
Genre小説・文学 Themeオリジナル小説

終局世界物語』更新しました。
よろしくお願いします。はたしてこの更新強度、今やバッファローマンぐらいの位置にはいるのではないでしょうか。1千万パワーです。オワーッ! オワーッ!

そして今やキン肉マンネタが通用する世代ってどの辺までなのでしょうか。
地獄の断頭台ーッ!

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie宣伝・広報
Genre小説・文学 Themeオリジナル小説

これは凄い事態ですよ奥さん。
終局世界物語』が、何と予告通りに更新されましたよ。奇跡ですよ。いや奇跡じゃなくてむしろ当然なんですけど。
これはもしかして、伝説の毎日更新を再現できるのでは……!?

とか言って明日普通にさぼったら笑ってやってください。
ばーかばーかって。
笑えよ、笑えよ俺をよぉぉぉ!

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie宣伝・広報
Genre小説・文学 Themeオリジナル小説

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。